ウコンとは

ウコンランキング|効能と副作用

ウコンは、沖縄でブームになって以来、全国的にも有名になった優れた健康成分です。

ウコンTOP > ウコン

ウコンとは何か

ウコンは、インドやタイ、ベトナム、インドネシアなどの熱帯・亜熱帯に分布するショウガ科の多年草です。

高温多湿を好み、寒さに弱いため、日本では沖縄と鹿児島のごく一部で栽培されています。

ウコンは古くから生薬として愛用されており、主成分である『クルクミン』は主に肝機能障害に有効な成分として注目を集めています。

そのため、沖縄ではお茶として飲用したり、料理に使うなどして、古来より民間薬草として親しまれていました。

また、ウコンの根茎は黄色染料(たくあん等)やカレー粉の原料として利用されています。

ウコンの種類と特徴

ウコンは現在50種類ほどが見つかっていますが、中でも国産でなじみやすく、健康に役立つとされているのは、春ウコン、秋ウコン、紫ウコンです。

春ウコンは、秋ウコンよりも生産量が少ないぶん重宝されており、100種類以上の精油成分やミネラル分、食物繊維を多く含み、健康増進に用いられています。

秋ウコンは、健康にいいとされるクルクミンを多く含んでおり、その量は春ウコンの10倍以上といわれています。また、食物の着色料に使われたり、衣服の染料にも利用されています。

紫ウコンは、ウコンの中でも特に希少価値が高く、切り口が紫色をしているのが特徴です。古くから薬として利用されており、胃腸病や老化防止に役立ちます。

この3つのウコンの他にも、大型の白ウコンが存在しており、糖尿病や水虫の改善への効果が期待できます。

ウコンの摂取方法

ウコンは1日あたり最低0.5mg以上を継続して摂取し続ければ、健康維持への効果を十分に期待することができます。

簡単な飲み方としては、1日3回、食後にウコン粉末10g程度をお湯1.8リットルに入れ、ウコン茶として飲む方法があります。

飲みにくい場合は、オリゴ糖などの甘味料を加えるとほのかな甘みが出て飲みやすくなります。

また、ウコンの主成分クルクミンはアルコールに溶けやすい性質を持っているため、二日酔い防止のために摂取する場合は、お酒を飲んだ直後がおすすめです。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ウコンランキング|効能と副作用 All Rights Reserved.