ウコンの成分と選び方

ウコンランキング|効能と副作用

ウコンには、天然色素成分クルクミンと精油成分、ミネラルなどの有効成分が豊富に含まれています。

ウコンTOP > 成分と選び方

ウコンの成分とその効果

ウコンは、古来よりインドや中国、沖縄でさまざまな効果がある生薬として用いられており、近年、健康食材として注目を集めています。

では、ウコンに含まれるどんな成分が健康増進をサポートしているのでしょうか。

ここでは、ウコンに含まれる成分とその効果をまとめてみました

クルクミン ウコンの色素成分であり、肝機能を強化したり、胆汁の分泌を促進する作用と利尿作用があります。胆炎などの肝機能障害に有効な成分として注目を集めています。
ターメロン 鮮魚寄生虫アニサキスの成長を抑制する作用のほかに、胆汁の分泌を促進する効果があります。
シネオール 健胃作用、殺菌作用、防腐作用などの広範囲な効果を持つだけではなく、胆汁の分泌を促進する作用もあります。
クルクメン 抗がん作用に強い効果を認められており、体内のコレステロールを溶かす役割もあるので、動脈硬化や尿道結石などへの効果も期待できます。
クルクモール 春ウコンだけに含まれており、中国では主に子宮がんに有効な成分であるといわれています。また、抗がん作用も発揮します。
エレメン 腫瘍に対して増殖を抑える効果が期待できます。
パラメチトルイルカピノール 胆道にある胆汁を排出する働きを持っています。
フラボノイド 毛細血管の壁に直接作用し、血液中からタンパク質やビタミンCが血管を通って尿などに排泄されるのを防ぐ作用があります。また、認知症予防や喘息、アトピーなどへの効果も期待できます。
アズレン 炎症や潰瘍を治したり、胃液のペプシンを抑える作用があり、アフタ性口内炎や胃・十二指腸潰瘍などの治療薬として用いられます。
カンファー 精神の興奮作用と強心作用があります。
その他 リン、鉄、カルシウム、カリウム、マグネシウムなどのミネラルやビタミンC、ビタミンBなどが含まれています。

ウコン製品の選び方

ウコン製品を選ぶ際は、上記成分の効能を参考に、自分の目的に合ったものを見つけることが大切です。

また、ウコンの効果を実感するには最低でも3ヶ月以上の摂取が必要なので、長く続けやすい形状のものを選ぶことも重要です。

もちろん、長く続けるにはコスト面も考慮にいれる必要があります。以上の点をふまえ、いろいろなウコン製品を比較検討してみるとよいでしょう。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ウコンランキング|効能と副作用 All Rights Reserved.