ウコンの主成分『クルクミン』

ウコンランキング|効能と副作用

クルクミンは、ウコンに含まれる有効成分の中でも、さまざまな効果を発揮する黄色い色素成分です。

ウコンTOP > クルクミン

ウコンの主成分『クルクミン』について

ウコンの主成分であるクルクミンは、カレーやマスタードで馴染みのある黄色い天然色素成分で、注目を集めているポリフェノールの一種です。

ウコンが体に良いといわれているのは、このクルクミンによる効果が大きく、近年、クルクミンの健康維持効果に関する研究がさかんに行われるようになりました。

最もクルクミン含有量が多いウコンは、秋ウコンと呼ばれているもので、ウコンの中でも代表的存在となっています。

クルクミンの効果と効能

カレー粉でお馴染みのウコンの有効成分『クルクミン』は、日本では胃腸や肝臓の治療薬、二日酔いの予防薬として使用されていました。

クルクミンの効果は、胆汁の分泌を促進して強い解毒作用を起こし、肝機能を高める働きがあげられます。

また、抗酸化作用による老化防止やガン抑制のほか、殺菌作用による胃炎の予防効果が期待できます。

さらに、コレステロール値の低減などによる動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞、生活習慣病への予防効果もあるといわれています。

クルクミンの副作用

クルクミンは、長い歴史の中で食用色素や胃腸・肝臓の薬、二日酔い予防薬として使用されてきたため、副作用はほとんどないといっても良いでしょう。

しかし、過剰摂取や長期摂取を続けると、肝臓に負担をかけてしまい、肝機能障害を起こすおそれがあります。

そのため、肝臓などに疾患がある方や妊娠・授乳中の方は、医師に相談したうえで服用するようにしましょう。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ウコンランキング|効能と副作用 All Rights Reserved.