秋ウコンの効果と効能

ウコンランキング|効能と副作用

秋ウコンは、健康維持に役立つクルクミンを最も多く含んだウコンです。

ウコンTOP > 秋ウコン

秋ウコンの効果と効能について

秋ウコンは、7月から8月に白い花を咲かせるショウガ科の多年草です。

切り口が鮮やかな橙色をしていて苦味が少ないのが特徴で、他のウコンよりも丈夫な上に耐寒性もあることから、非常に育てやすく、保存もしやすいウコンとして知られています。

日本では主に南九州地方で栽培されており、たくあんなどの食材の着色料や、カレー粉などの香辛料、衣類などの染料、殺虫剤など、日常生活において幅広く用いられています。

秋ウコンは、他のウコンに比べて主成分『クルクミン』を約3~5%と最も多く含んでおり、胆汁の分泌を促進して解毒効果を発揮することにより、肝臓障害を予防・改善して肝機能を高める働きがあります。

また、クルクミンは体内に入ると消化酵素の働きにより、テトラヒドロクルクミンという強力な抗酸化物質に変化し、活性酸素を除去して老化を防止したり、ガンの予防に役立ちます。

そのため、秋ウコンは1日あたり500mgを摂取し続けるだけで、肝機能の改善や抗がん作用を期待することができます。

さらに、秋ウコンにはクルクミンのほかにも、ターメロンやエッセンシャルオイルなどの精油成分も含まれています。

精油成分には殺菌力があり、胃潰瘍の原因となるピロリ菌を取り除いたり、胃腸を強化する効能があります。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ウコンランキング|効能と副作用 All Rights Reserved.