春ウコンの効果と効能

ウコンランキング|効能と副作用

春ウコンは、正式にはキョウオウと呼ばれ、1000以上の有効成分が含まれています。

ウコンTOP > 春ウコン

春ウコンの効果と効能について

春ウコンは、4月から5月にピンク色の花を咲かせるショウガ科の多年草で、正式名称をキョウオウといいます。

インドや台湾のほか、日本では種子島や屋久島、沖縄などで栽培されています。

春ウコンは一度掘り起こした根からも再び花を咲かせるほど強力な生命力を持っていることから、中国では生薬として用いられています。

日本国内では春ウコンを利用した健康食品が多数流通しており、ウコン製品のほとんどの原料が春ウコンとなっています。

春ウコンは、秋ウコンと比べるとクルクミン含有量はとても少ないですが、その分精油成分の量が多く、1000以上の有効成分が含まれています。

主な有効成分は、クルクミン0.3%やリン、鉄、カルシウム、マグネシウム、食物繊維のほかに、殺菌作用のあるシネオールや強心作用のあるカンファー、抗炎症・抗潰瘍作用を持つアズレンなどが含まれています。

また、抗ガン・利尿作用のあるクルクメンや胆汁の分泌を促進するターメロンも含有しており、健康増進への優れた効果が期待できます。

万能薬として親しまれる春ウコンは、数百年前から副作用のない生薬として用いられており、現在ではガン予防効果や肝機能強化など、身体機能のはたらきをサポートする健康食材として幅広く活用されています。

ただし、過剰摂取や長期服用をしてしまうと、副作用が出る可能性がありますので、注意が必要です。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ウコンランキング|効能と副作用 All Rights Reserved.