紫ウコンの効果と効能

ウコンランキング|効能と副作用

紫ウコンは、生薬名『ガジュツ』として知られていて、健胃作用や老化防止などの効果が期待できます。

ウコンTOP > 紫ウコン

紫ウコンの効果と効能

紫ウコンは、春に赤紫色の花を咲かせることと、根茎に紫色の輪っかを持っているところが特徴のウコンの一種です。

生薬名は『ガジュツ』ですが、別名『弘法の石芋』ともいわれています。

外見は春ウコンや秋ウコンと似ていますが、耐寒性が大変低いために生育や保存がとても困難で、ウコンの中では非常に希少価値の高い種類とされています。

原産地はインドで、日本本土では花を咲かせる確率が非常に低いことから、奄美大島や屋久島で多く栽培されています。

紫ウコンは他のウコンとは異なり、黄色い色素成分であるクルクミンはほとんど含まれておらず、代わりにシネオールやカンファー、アズレンなどの精油成分を豊富に含んでいます。

紫ウコンに期待されている効果は、何といっても胃潰瘍への改善作用です。

日本人の40%が持っているというヘリコバクターピロリ菌は胃潰瘍の原因となりますが、紫ウコンにはこのピロリ菌を除去する効能があることで知られています。

紫ウコンにはほかにも、口臭予防や糖尿病、白内障、不整脈、疲労回復とともに、ダイエットや肩こり・腰痛など、さまざまな健康・美容への効果があるといわれています。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ウコンランキング|効能と副作用 All Rights Reserved.